循環器科 / 呼吸器科 / 内科 / 外科
たてやま循環器内科外科:循環器科/呼吸器科/内科/外科/動脈硬化血管外来/血管下肢静脈瘤外来
〒294-0045 千葉県館山市北条2416-30 TEL.0470-20-1102
たてやま循環器内科外科 院長あいさつ たてやま循環器内科外科 診療科のご案内 たてやま循環器内科外科 院内のご紹介 たてやま循環器内科外科 交通のご案内 たてやま循環器内科外科 医療情報へのリンク集
たてやま循環器内科外科:院内のご紹介
末梢動脈疾患(PAD)の症状と治療:足の痛み・しびれはありませんか?
足のしびれや痛みはありませんか?

少し歩くと足のしびれや痛みのために歩けなくなり、しばらく休むとまた歩けるようになることを間欠性跛行と言います。間欠性跛行の原因となる代表的な病気には、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう:LSCS)と末梢動脈疾患(まっしょうどうみゃくしっかん:PAD)があります。

腰部脊柱管狭窄症(LSCS)は腰の背骨の中の神経が圧迫される病気で、専門科は整形外科です。一方、末梢動脈疾患(PAD)は足の血管に動脈硬化が起こり、血管が狭くなったり、詰まったりして血液の流れが悪くなる病気で、循環器科、心臓血管外科が専門科です。
末梢動脈疾患(PAD)の症状と治療:腰部脊柱管狭窄症:LSCSと末梢動脈疾患:PADの違い
末梢動脈疾患:PAD
腰部脊柱管狭窄症:LSCS
なし
痛みが楽になる体位
あり
10分以内
痛みの回復時間
すぐに消失
一定
休憩後歩ける距離
短縮
不良
腕と足の血圧比
正常
血管の詰まりによる
足の痛み
原 因
神経の圧迫による
足の痛み
循環器科
心臓血管外科
専門科
整形外科
末梢動脈疾患(PAD)の症状と治療:PADとはどんな病気?
末梢動脈疾患(PAD)とは、足の血管に動脈硬化が起こり、血管が狭くなったり、詰まったりして血液の流れが悪くなる病気です。足の血流が悪くなると足がしびれたり、痛んだり、歩きにくくなったりします。
さらにPADが悪化すると、足に潰瘍ができたり壊死したりすることもあり、ひどい場合は足の動脈を手術しなければなりません。

また、PADと同じ動脈硬化を原因とする病気である狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などを合併することが多いので注意が必要です。
末梢動脈疾患(PAD)の症状と治療:PADとはどんな病気?
末梢動脈疾患(PAD)の症状と治療:PADの症状
末梢動脈疾患(PAD)の症状と治療:PADの症状T度:足がしびれる、足が冷たく感じる。
T度
足がしびれる、足が冷たく感じる。
末梢動脈疾患(PAD)の症状と治療:PADの症状U度:少し歩くと足が痛いが、ちょっと休むと治る。
U度
少し歩くと足が痛いが、ちょっと休むと治る。
足の筋肉がやせてくる。
末梢動脈疾患(PAD)の症状と治療:PADの症状V度:じっとしていても足が痛む。
V度
じっとしていても足が痛む。
末梢動脈疾患(PAD)の症状と治療:PADの症状W度:足の皮膚がただれたり、壊死したりする。潰瘍・壊疽。
W度
足の皮膚がただれたり、壊死したりする。
潰瘍・壊疽。
※ PADの症状に心当たりのある方は、医師にご相談下さい。
末梢動脈疾患(PAD)の症状と治療:PADの診断
PADは比較的簡単な方法で発見することができます。
問診、触診、ABI(足関節上腕血圧比)からPADが疑われた場合には、まず外来にて血管エコー検査で評価を行い、必要に応じて血管造影やCT検査を行います。
末梢動脈疾患(PAD)の症状と治療:PADの診断
末梢動脈疾患(PAD)の症状と治療:PADの治療
「内科的治療」
PADの進行度や患者さんの状態にあわせ、抗血小板薬や血管拡張薬剤やなどを服用します。
「外科的治療」
1.
血行再建術
PADの進行度や患者さんの状態にあわせ、人工血管や自分の静脈を用いてバイパスを作る手術、狭くなっている血管をバルーン(風船)やステント(金属の金具)を使って広げる血行再建術を行ないます。
バルーンによる拡張
ステントによる拡張
人工血管置換術
2.
血管再生治療
詰まったり狭くなっている血管の周囲に血管細胞を移植して新しい血管を作り出し、血液を供給する新しい治療方法です。
PADは進行して重症になると足の手術が必要となることもあります。そうならないためには、早期発見することが大切です
末梢動脈疾患(PAD)の症状と治療:PADの危険因子と予防
「危険因子」
喫煙
高血圧
高コレステロール
肥満
運動不足
「予防」
動脈硬化の原因となりやすい高血圧、糖尿病、高脂血症の予防または治療をする。
禁煙を心がけウォーキングなどの適度な運動を週間づける。
末梢動脈疾患(PAD)の症状と治療:PADセルフチェック表
1.
歩行時に、どちらかの下肢に痛みがありますか?
  □ はい     □ いいえ
2.
そのような痛みが、じっと立っているときや座っているときに起こったことがありますか?
  □ はい     □ いいえ
3.
ふくらはぎ(片側又は両方)にそのような痛みがありますか?
  □ はい     □ いいえ
4.
痛みは上り坂を歩いたり、急いで歩いたときに起こりますか?
  □ はい     □ いいえ
5.
痛みは平地を普通の速度で歩いたときに起こりますか?
  □ はい     □ いいえ
6.
歩き続けている間に痛みがなくなったことがありますか?
  □ はい     □ いいえ
7.
歩行中に痛みが起こったときには、どうしていますか?
  □ 止まる
  □ 歩く速度を落とす
  □ 同じ速さで歩き続ける
8.
じっと立ち止まったとき、どうなりますか?
  □ 痛みは10分以上続く
  □ 痛みは10分以内に消える
次の全項目を満たした場合、間欠性跛行と診断されます。お早めに医師にご相談下さい。
1,3,4,および 5 が 「 はい 」
2 および 6 が 「 いいえ 」
7 は 「 止まる 」 または 「歩く速度を落とす」
8 は 「 痛みは10分以内に消える 」
参考資料
あなたの足は健康ですか? / 大塚製薬
間欠跛行にご注意を! / 大塚製薬
Copyright© 医療法人渋善会 たてやま循環器内科外科 All rights reserved